エジプト


滞在:13日(トータル1万5千円くらい)

英語通じる

1エジプトポンド=15円だった気がする

ビザ必要:15ドル

カイロ空港であっという間に取得可能、逆にあっさり過ぎて怖い…

1食100円くらい(質素で良いなら)

1泊300円くらい(ドミトリー)

 

ダメマックとオールドタイプ

いやはや焦った。

 

空港に到着はしたもののフライトの掲示板にカイロ行きがないでやんの。

不安が的中したのかーと焦る。

 

不安① カイロは暴動があったのでカイロ行きのフライト全て欠航

不安② 日本で航空券を買ってから100日経ってたのでフライト日時にズレが生じた

 

バックパックを背負いながらムムムムっと考え込む。

受付の人に聞いても、後でまた来いってこと以外は何言うてるかわからんよう。

 

落ち込んだりしても気持ちが沈むだけなので近くにあった

空港専用のパソコンいじってたらフライト検索を見つける。

テコテコっとフライトナンバーを打ったらカイロ行きのフライト発見!

 

10時発が15時発になってた。

だから受付の人は後で来いって言うてたんかー!

最悪チケットの取り直しまで考えてたから喜びのあまりガッツポーズ。

 

しかしアテネは簡単に喜びに浸らせてはくれなかった。

 

マックで腹ごしらえしようとセットを頼んだらポテトがしわしわやんけー

おいよく聞けアテネ、いやギリシャの玄関口よ。

いくらバーガーの盛りつけが木っ端みじんだろうと

ポテトの熱さ&塩分は死守しやなあかんやろー!

主役やん。ポテトってバーガーより主役やん。

アテネ空港のマックのばかやろう。

ギリシャのばかやろう。

 

憤りながら出国。

 

2時間のフライトの後、カイロに到着。

入国審査する部屋の前でビザ売ってるコーナーあり。

15ドル払ってパスポートにビザをペタッと貼って終了。

ビザがあっけなく取れすぎて怖い。

今までは紙に色々と書いてたのに、何も記入せずお金を払うだけ。

逆にこえぇよ。

 

入国審査を終えてロビーへ。

客引きがめんどくせぇ!

うそばっか言うもん。

町までタクシー100EP(エジプトポンド)つまり2000円。

 

客引きを振り切ってインフォメーションへ行ったら

かわいこシャイガールが町までバスで10円やよーって。きゃわいい

客引きとポテト事件ですさんでた心がフレッシュさを取り戻した。

 

おんぼろバスに揺られてカイロの中心地へ。

 

バスからおりてビックリ!

横断歩道が無いから道路が渡れん。

ビュンビュンと車が走ってるので本気で轢かれる。

どう渡るんやーと思案してたらニュータイプのような動きで

車と車の間を駆け抜けてくおっさんが!

 

片側4車線の道を1車線ずつ車を避けて渡ってた。

あいつはニュータイプ。

車に反応出来ずに立ち尽くすおれはオールドタイプ。

 

オールドタイプは考えた末に、ニュータイプが渡る時に後ろに

ぴったりとくっついて渡ることに。

 

そうかぁおれはアムロやカミーユにはなれんのかーと

思いつつスルタンホテルという日本人宿に到着しました。

 

 

美味手羽先

スルタンホテルとは名ばかりのへっぽこ宿で爆睡。

蚊はブンブン、シーツはシミだらけ。受付のおっさんは目がとろん…

 

昨夜はブリーチを読みながら就寝。

日本人宿には漫画があるからうれしー

日本語が恋しいのですわ。

 

今日はエジプト博物館へ!

中はごちゃごちゃ整理されてないってか整理できんくらい出土品多し。

 

ツタンカーメンと対面する。わーきれい!

そんなとこですかな。

 

博物館もそこそこに漫画シグルイを読むべく帰宅する。

けしからんわ。世界一周してんのに漫画にうつつをぬかすとは。

タイムスリップして我が拳で殴ってやりたい。

 

宿に帰ると高木さん(ほんとハンサム)という日本人の方が。

また友達が増えた!旅してる特権で旅の話を交換し合ったりして

すぐ仲良くなれるの素敵。

 

そして夜は久保さんというスルタンホテルのボス?が

手羽先を馳走してくれることに!

 

…うまままい!!

狂ったかのように白米をかきこみ、手羽先を喰らう姿は

腹を空かしたチンパンジー。

 

しかも久保さんは東京で五つ星レストランを経営&シェフをしてたらしく

料理が美味なりよ!

 

腹黒水谷くんは久保さんにまた手羽先作ってもらいたく

手羽先と久保さんに最大級の賛美を喉が枯れるまで送り続ける。

 

しかし!さすがだぜ五つ星シェフ。

機嫌を良くした久保さんに捕まったわたくしは

4時間近く久保さんの生い立ちから現在までの

サクセスストーリーを聞くはめに!

 

聞くはめになんて言うちゃいけませんが

久保さんは還暦を超えてて、同じ話を1夜で3回するという特徴がおありでして。

おかげで限られた食材のエジプトでの、冷やし中華の作り方について熟知いたしました…!

 

 

エジプト人大好き!

 

この日は久々に寝坊。朝の10時に起きる。

 

高木さんと一緒にタフリール広場というバス発着場に行き、高木さんは帰国!

また会いましょう!んでぼくはピラミッド!

 

タフリール広場でバスに乗ってどんぶらこ。

席の隣りのおっさんと仲良くなったら色々と親切にしてくれた。

バス代払ってくれたり、ピラミッドへのバスの乗り継ぎも教えてくれたり。

 

このおっさんは無口、でもすごいさりげなさで親切やから大好き&素敵や!

 

ピラミッド到着。

 

入場料が1000円近くしますねん。高い。

ということを昨日の夜に久保さんに話したらこう言い放つ

「ベニータの学生証使いなさいよ!」

 

同じ宿に泊まっているベニータというグアテマラ人とおれの顔が

似ているということで(初見でベニータをよくわからんもさい奴と思って

いたので大ダメージを受ける)

 

久保さんはベニータの学生証を使えば

僕がピラミッドに半額で入れると思ったらしい。

発想がハチャメチャ。

 

んな無茶いうな。

ベニータとおれの共通点は 男 メガネ 黒髪 むっつり 

せいぜいそんなとこやんけ。

試すだけ試して受付に怒られたらごめんねっ!って謝ろうと

ダメ元で受付に見せたら半額でチケット買えた。ばかな…

 

エジプト人どないなっとんねんと思いつつ、ピラミッドの入り口に行き

スタッフに学割チケット見せたら、本人確認するとのことで学生証を見せろと。

 

これをぴんちと云う。

 

がしかし、厳格そうなスタッフの目も節穴。

…中に入れた!

どううゆうことやー!笑

 

必死に学生証のベニータの顔に似せて鼻の穴を広げてたのに

そんな努力をあざ笑うかのような節穴っぷり。

 

ピラミッドに無事入りまして、満喫。

でかくてうわーっとなりました。こりゃすげー

しかしピラミッドを造る労働には参加したくねーと心から思った。

 

帰りにケバブショップでポテト喰うてたら

おかわりポテトしに行って帰って来たらぼくの帽子がない!

 

店内でえー!って言うて店員に帽子知らね?って聞いたら

なんか店員皆で笑ってやんの。うひひひーって。

 

なんと、おかわりポテトの隙に店員がぼくの帽子を隠しやがった!こんにゃろう!笑

怒る振りして帽子を振り上げたらみんな大笑い。

…なんて愛おしいやつらやおめーら。

道を歩いてるだけで脇腹つっついてきたり何やこのフレンドリーさは!

 

言っとくけど大好きやぞ、エジプシャン。

 

 

 

ルクソールに行くまでのあれこれ

タイトルに困ると”〜のあれこれ”って乱用すんのなんとかならんのか。

 

カイロの次は南下してルクソールっていう、王家の谷のある町に行くことに。

エジプトを南下していくカイロールクソールーアスワン これが王道ルート。

 

実はイスラエルに行くつもりやったけど、水谷君特有の移動したくない病が発病。

イスラエル行きのバスが高いのもあったけど(イスラエルは日本並みの物価の高さ

ちなみに南アフリカ共和国とその近辺の国は日本よりも物価高いらしい)

 

ここまで来たのに行かないのは勿体ないとも思ったけど

せかせかするのも勿体ないってことで、エジプトでゆっくりすることに。

 

出発前日にルクソール行きのチケットを買うために駅へ。

窓口で深夜列車いくら?って聞いたら1等寝台が軽く3000円超えてて

こりゃ無理ってんで2等車はっ?て聞いても2000円…はぁ

 

これはちと払えんぞーってベンチでがっくししてたら

駅員のおっちゃんがどうした?って声かけてきたんで

電車代たけーよと言うたら、おっちゃんは話始める。

 

…窓口で買おうとするから高いんや。

1等2等は観光者専用やで。

エジプト人が使う3等車に当日こっそり乗れよ。

ほいで車内でチケット買うんや。

そしたら700円で乗れるで。

もちろん何喰わぬ顔でな。ふふ

…グッドラック!

 

おいおいおい

駅員のあんたがそんなこと教えてええんか?

 

最後のグッドラックってもし不運やったらどうなんの?って

思ったけど死ぬことはないであろう。チケット問題解決!

 

しかしおもしろいエジプシャン。

 

帰りにエジプトの古着通りに行ってお洋服を購入!

モロッコ→スペインに入国するときにあんまり酷い格好やと(特にヒッピー系)

入国拒否されると聞いたのでジーパンとTシャツを買って帰宅。

 

カズマくんと山田さんという人が宿泊してて

皆でカジノで遊んで(5ドル負けた)夜は久保さんの

親子丼のうまさに嗚咽を漏らし床に着きました(あっシグルイ読み終わりました)

 

次はルクソールでのお話!エジプト2へ。