ギリシャ


滞在:9日(3食+宿代で4万くらい)

ビザ不要 英語通じる 当時1€=130円

1食3€前後(390円)頑張って節約するとこれくらい

自炊が出来ればもっと安くつく

安宿は15€(約1800円)で宿泊可能 

城壁の町 ロドス島

トルコのマルマリスからフェリーでギリシャへ!

マルマリスの港で出国審査をして、ロドス島で入国審査。

 

入国の時に次のフライトのチケットを見せろと言われた。

たぶんアジア人の不法就労を防ぐためやと思われる。

こういう時に世界一周航空券は便利。

全てのフライトが決まってるから安心でごわす。

 

ロドスは島全体ではないけれど、港の町を城壁がぐるっと

囲った町。その中に民家や宿、おみやげ屋さんがある。

 

てくてく歩いてるだけで楽しいけどカップル多くてやさぐれる!

あぁ

何も知らずに来たけど、ハネムーンとかで人気なんかー!

うらーって気持ちで宿探し。

宿を渡り歩いてると、親切な宿の人が安宿を紹介しれくれた!ラッキー

 

一日の総予算が25€(3200円)に決めてた、というか

そうしないとハワイあたりで野宿やから必死。

 

15ユーロの個室の部屋を案内してもらい

宿に置いてあったロドスの地図を見てさっそく散策。

 

町並も高い建物が無くとてもスマートで良い。

町の風景を島の人が守ってんのね。

 

ほいで海です、エーゲ海、おそろしいくらい綺麗なんすわ…

キラッキラ。1時間くらい立ち尽くした。

澄みまくってるわぁ…そりゃカップルで行きたくなるわな。

 

散歩をすると腹が減ります、がしかしお金が無いから

安い食堂かスーパーを探せどなかなか1食3€はきびしい!

 

腹減ってくたくた。最後にたどり着いたケバブショップで2ユーロの

ギュロスっていうギリシャのケバブを喰う。

 

カップルを見すぎた荒ぶる魂の持ち主水谷ギュロスに救われる

そう、ギュロスがめちゃくちゃうまい!

 

トルコのケバブはたいしたことない。

あれは雰囲気うまいってやつです。がギュロスは違う。

 

ギュロスはパン生地にトマト、ポテト、たまねぎ、サラダと

誰かのお肉をクレープ見たいに包んだ素朴なもの。

素材で勝負って感じの食べ物。

 

出てくるときはケチャップもマヨネーズもかかってない。

でも具材がすでに美味いからイケる。

予算オーバーして2個も喰っちゃった!

 

うまいものも食べたし、海ではオッパイいっぱい見たし言うこと無し。

おばさんもお姉ちゃんもオッパイを出して日焼けしてるから

目のやりどころには全く困らんけど(おっぱい見るに決まってるやん)

見てるのバレて、あーだこーだ言われて警察連れてかれたら

旅が終わってまうから気をつけました。

 

海辺を歩いてたら、いかにもモテません風の外人高校生も

チラッチラおっぱい見ながら歩いてた。

 

そんなんやからモテへんねん、阿呆め。

 

 

サントリーニ島で野宿

 

ロドス島いいとこやったー!

2日もおれば十分やけど。

ロドス最終日はやることなくて、海にひたすら石投げた。

 

ベンチに座ってると大丈夫?って声かけてくれたり島人も親切。

ベンチからあまりに動かんから心配されたっぽい。

 

ロドス満喫したのでサントリーニ島に行くことに!

夕方発フェリーで30€。思ったより安くて助かった。

 

がしかーし!夕方発ってことでサントリーニ島に到着したの深夜1時。

宿探し。チェックインしても宿に滞在できるの10時間くらい。

それで20€はたまらんっちゅうことで住宅街の中にある

教会前のコンクリート地面で野宿することに。

 

寝袋にくるまってわたくし寝ようと努力します。

良いことと悪いことが1つずつ起こる。

 

良いことは霧がすごくて遠くからぼくの姿が見えないのですな。

霧隠れ身の術というナルトっぽい術を使って寝ようとすると

背中に石がごつごつ当たってイタイ!

 

これが悪いこと。

普段何気なく見たり蹴飛ばしている石ですが

野宿時の彼らは暴力的になります。

 

彼らの中の狂気か。

普段ないがしろにされているからか、一個一個の石が

それぞれの個性を発揮してぼくの背中に痛みを与えてくる。

 

石をどけても小石の野郎が出番ですって感じで個性を発揮しだす。

 

水谷は野宿という経験を通して、石達の凶暴性と

攻撃力に気づく。

 

人間が二足歩行で石に対して優位に立っているときは

彼らの存在を忘れてしまうわけです。

 

が、一旦人間が野宿という劣勢に立たされるともうダメ。

石に負けます。あまり眠れません。ベットは素敵です。

 

え?サントリーニ島の白と青のコントラストの美しさの話をしろと?

ぼくのとってサントリーニ島の思い出は野宿が80%を占めてます。

 

世界の、エーゲ海の片隅で夜な夜な石と格闘する若人。

ほぼ寝れず、サントリーニの初日を迎えます…

新婚カップルばかりでやさぐれるよぼくぁ

 

野宿によってかなり疲れてしまうサントリーニ初日。

朝6時からうろうろと宿を探す。

 

うろうろした挙げ句、20€でダブルベットの

シャワートイレつきの部屋にチェックイン!

 

この旅初めてのドライヤーをお目にかかる。

4月のサントリーニは観光がオフシーズンでどこの宿も安い。

 

一眠りして昼過ぎから散策!

白と青のコントラストで名高い島を練り歩いてやるぜと

意気込んだけどカップルばっかでなんだかなー。

 

なんていうかサントリーニは写真で見るのが一番良いかも。

実際歩くとまぁまぁである。

というか一生懸命に壁や家を白と青で塗ってるから興ざめする。

自然にそうなってたら違うんやろうけど。

 

むしろ町を離れて草原の方へ散歩に行った方が爽やか。

 

サントリーニ2日目は島の先端の町イアにバスで移動。

1泊15ユーロの強引おばちゃんの宿に宿泊。

 

このイアの町も狭くって、散歩すりゃさっき会った人とよくすれ違う。

ここもカップルばかり。

みんな幸せそうですね、へいへい。とやさぐれた。

 

全体的にサントリーニは期待はずれ!

一部が観光地化してて、すこし町から外れると田舎。

それがより人工的に観光地作った感じがしてなんだかなぁ。

 

でも人は良い。せかせかしてない感じ。海もめっちゃ綺麗ですわ。

 

3日滞在して次に目指すは首都アテネ!

 

 

 

 

おそろしや首都アテネ

夜行フェリーに揺られて朝5時にアテネに到着。

船内に耳をすませばの月島雫みないな外人がいてキュンとした。

 

アテネでもインドで手に入れたユースホテルスガイドブックが活躍!

眠みーなーと目をこすり、迷いながらオモニア広場近くのユースホステルに到着。

 

到着はしたもののアテネのおそろしさは聞いていた。

 

オモニア広場ってとこは麻薬中毒者が多くてかなり危険!という

旅行者やネットの書き込みを聞いてたから

かなりビビってたが安宿がそこにあるんやから仕方ない。

 

早朝はまだ変な人はおらず。

宿でネットし放題に喜んで熟睡。

 

起きたらゴーゴーパルテノン!

入場料が13€でめちゃ高い!

ん〜世界遺産を前に値段が高いからといって

帰宅すんのもなーと考え改め入場。

 

…いやー良かったパルテノン!

旅人の間でパルテノンの評判が散々やったから

あんま期待してなかったけど、パルテノンの柱の大きさは迫力あるわー。

パルテノンの山から見えるアテネの町も良い。

 

帰宅する時にオモニア広場を通る。さすがや…

腕に注射痕がいっぱいあって、チューブを巻いて歩いてる人や

明らかにヤバそうな人かなりおる。

 

壁掃除する集団や(たぶん悪いことして反省の為にやらされてる)

警官15人程に取り囲まれる黒人二人組などに遭遇。

奇声を上げる人や人相が全てを物語ってる人。

鼻の穴に指つっこんでフラフラしてる人エトセトラ。

 

しかもオモニア広場は広場を中心として放射状に道路があり

建物も似ている為に迷子になりやすい!

1時間迷子になっただけでかなりパニクった。

どんどん夜になるし怖い人といっぱいおるし…ひー

 

…いやー怖い。オモニア広場!笑えまへん!

 

 

 

ローマ芸術にもの申す

 

アテネ観光最終日!

 

ローマの博物館へ行く。

あー昔の出土品がいっぱい。

 

なんでしょうか、この1週間後にエジプトの博物館にも行くんやけど

完全に技術面でローマの圧勝。

たしか紀元前300年の時のローマとエジプトの出土品で見比べた気がする。

 

エジプト人はものつくりに向いてないのか?笑

ただ僕はエジプトの出土品のが圧倒的に好きやけど!

 

ローマの博物館の中はとってもうまい彫刻がいっぱいあった。うますぎ。

人と獣が一体化したキメラとかこえーよ。

 

個人的な好みで写実的にうまいのはあんまり興奮しない(退屈)ので

後に見るエジプトの彫刻のオリジナリティーっぷりに興奮する。

へたっぴで愛おしさすら溢れてくる。

同じ時代、同じ人間でこうも違うのか!と。

 

あとローマ時代に発掘された彫刻が宇宙人に似ていて

過去に宇宙人との接触があったのでは?的な解説文があったけど

水谷くんはこう思う。

 

プロの彫刻家ではない、おじいちゃんや子供が遊びで人形を作る。

当然わけわからん人形ができる。

それが奇跡的にそれっぽい所から出土する。

それを発掘した人や学者は宇宙人じゃね?似てんじゃね?と

ロマンを馳せる。ロマンチックとはこれや。

 

宿に帰宅後、パソコンでエロ画像を見てエロ補充!

簡単にエロ画像を見たと言うてますが、多数の人間が行き交いする

ロビーでエロ画像を見るには技術が必要なの。

 

人が来たらヤフージャパンに飛んだり背中でモニター隠したり。

人のエロへの情熱ってすごいわ。ありがてぇよ。

 

次はおもろい奴ばっかのエジプトー!!